コラム目次へ

コラム倉庫

2008.07

 
法人設立

お寺は、ゆったりとした時間が流れるところ─
ではありますが、それでも、おりおりにテーマをもって取り組んでゆくこともあります。

三年前、平成17年度のテーマは「新しい寺を建立する」でした。
18年は「開山落慶法要」。
19年は「写経会を始める」。
そして本年、平成20年度のテーマは─「宗教法人の設立」です。
これまで、林海庵は浄土宗の一寺院ではありましたが、宗教法人法に基づく宗教法人ではありませんでした。小さいお寺ながら、社会の中で安定した居場所をもち、次代、次々代へとお寺が続いてゆくためには、この「宗教法人化」というステップが大切になってまいります。具体的には、宗教法人としての『寺院規則』を定めて、それを所轄の都道府県知事に認証して頂く、という手続きになります。
ところが、他にもたくさんの書類が必要でして、これをそろえるのがなかなかの大仕事。慣れている方ならともかく、初めての者にとっては骨の折れる仕事です。
「いや、こういったことは初めてなので、よく分からなくて…」
仏事のご相談にのるときによく耳にする言葉ですが、今度は自分の番、というわけです。

その諸々の手続きのひとつが、宗教法人法に定められた「公告」です。
(この公告文の原本と規則案全文は、規則に定めた公告の場所─お寺の掲示板に出してあります。)

[ 公 告 文 ] (要旨) ▼クリックすると開きます