QA目次へ

Q&A 21

質問21

仏教
伝統的な仏教が「葬式仏教」と批判的に呼ばれているのをどう思いますか?
〈回答 21〉「あなた方がしていることは『葬式仏教』であって、生きているわれわれには何の救いも与えてくれませんね。」
もしそう言われれば、正直いってかなり複雑な感じがします。自分の力不足を非難されているようにも感じますね。
一方で、亡くなられた方をきちっとお送りしたり、追善の法事をお勤めすることは、もちろん亡くなられた方が中心になるわけですが、それだけではない、と思います。現に生きているご遺族を大切にすることでもある、と思っています。けっして「死後のこと」だけに関わっているわけではない。死に関わるということは、生に関わるということです。私たちが身内の死を悲しんだり、自分の死を恐れたりするのは、現に生きている私たちの人生の一部分です。生きている人々の、その部分に誠意をもって関わることは、自分の務めだと思っています。