QA目次へ

Q&A 46

質問46

浄土宗
浄土宗では念仏が中心と聞き、少しずつ実践しています。しかし自分でいくら念仏してみても、何か表面的というか、浅い感じがしています。仏教の勉強をもっとした方がよいのでしょうか?
〈回答 46〉 ご興味があるならば、勉強を積まれるのも結構です。そこに新たな発見があるかもしれません。私自身も、勉強から得たことは沢山あります。しかし同時に、このことも知っておいて下さい。
心からの念仏——極楽浄土へのお導きを阿弥陀仏にすべてお任せして称(とな)える念仏であれば、そこに深い浅いはありません。これを他力(たりき)の念仏といいます。たとえ仏教学の奥義を極めた人の念仏であっても、素朴な信心から出た念仏であっても、阿弥陀仏の救いを信仰しての念仏であれば、どちらが深いとか、優劣などはありません。自分を開き、明け渡して、お任せをする... そこに「比較」が入りこむ余地はありません。
おのれの世間的な器がどれほどのものであろうと、どれほど仏教に通じていようと、あるいは教団や社会にどれほど貢献していようと、また逆に、まったく救いがたい自分であろうと... いったんすべてを明け渡してしまえば、自分はゼロです。そこにあるのは阿弥陀仏の救いだけ——平等に降り注ぐ光明の慈雨だけです。
ですから、ご自分の念仏が深いか浅いか、というようにはお考えにならない方がよいでしょう。それよりも、お念仏を称えながら「自分自身のすべてを開き、明け渡している」というふうに感じてみて下さい。そうすれば、少しずつ、しっくりした感じが湧いてくると思います。