QA目次へ

Q&A 57

質問57

仏事一般
曹洞宗を熱心に信仰する祖母が、先日亡くなりました。祖母の子は私の母だけ。私の両親は浄土真宗の門徒です。事情があって、両親が建てた墓か、もしくは同じ敷地内に別の墓を建てて、祖母のお骨を入れてあげたいのです。宗派が違う上、姓も違うとなると、無理でしょうか?
〈回答 57〉 まず、お悔やみを申し上げます。大切なおばあさまであられたこととお察しします。
一般的にいいますと、納骨をする場合は(埋葬許可証、改葬許可証など法的な点がクリアされていれば)
・ご家族の同意、および
・墓地管理者の同意
があれば、トラブルの心配はないでしょう。あなたの場合は前者——ご家族の同意の点は大丈夫のようですので、問題は後者、つまり墓地管理者の同意が得られるかどうか、ということになります。
1)お墓が寺院墓地、つまりあなたの家の菩提寺(浄土真宗)の境内にあるお墓である場合...
残念ながら、他宗(曹洞宗)の方のご遺骨を埋葬するのはまず難しいとお考えになったほうがよいと思います。お寺の立場から見ると、ただ単に墓地を提供しているわけではなく、その宗派の教え(あなたの場合には浄土真宗の教え)を広める宗教活動のひとつとして、信徒(門徒)さんのお墓をおまもりしているからです。ですから、浄土真宗への改宗が納骨する際の条件になると思われます。
(なお、姓の違う方の納骨に関しては、お寺によって対応はさまざまです。)
以上のことを踏まえたうえで菩提寺にご相談になるのもひとつでしょう。ご住職の考えを直接聞いてみるのもよいかもしれません。
2) 霊園墓地、共同墓地などの場合...
ご家族の同意さえあれば、宗派や姓が違っていても大丈夫でしょう。一応、墓地管理者に相談なさってみて下さい。この場合、納骨のときに曹洞宗のお寺さんに来ていただくことになります。そのお寺さんにも納骨の経緯を話しておかれたほうがいいですね。また菩提寺にも事前によく事情を話しておきましょう。
以上でご質問の答えになっているでしょうか? わかりにくいところがありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。