QA目次へ

Q&A 142

質問142

修行
僧侶になりたいと思い、師僧になって下さる方を探しているところです。お寺の出身でない者が僧侶になるためには、何か条件がありますか?
〈回答 142〉 熱意!—それが第一の条件です。
他にも、「こうだといいなあ」と思うことは沢山あります。たとえば「人を惹きつける話ができる」とか、「声が良い」だとか、「毛筆が達者」、「優しくて人間的な魅力がある」、「地道な努力を嫌がらないでコツコツ続ける」、「頭が良く、すぐに故事などから引用してその場に合ったことが言える」、「一緒にいるだけで心が安らかになる」、「肝が据わっている」、「その姿を見るだに有難い」(初めからそんなわけありませんね)とか…。
それはあくまでも理想。私自身もまだまだ修行中です。
反対に、初めは何の素養もなくても、燃えるような熱意さえあれば、それぞれの分野でそこそこの能力が育ってゆくことでしょう。

一般の方が伝統仏教の教師資格を取得して、教師として宗教活動をするようになるには、いくつものハードルがあります。それらを越えさせてくれるのは、一にも二にも熱意、それも自分だけの思い込みではなく、「仏の声に従おう」「社会に奉仕しよう」という熱意です。

H19.8.1 追記:この質問に関連して、「僧侶になりたい、あるいは僧侶になるにはどうすればよいか、とお考えの方へ」というページを新設しました。こちらもご覧下さい)