お知らせ目次へ

お知らせや日々のこと

国内開教使候補者を募集します
2015.09.07

浄土宗の国内開教寺院は、すでに全国に21か寺を数えております。

新しい寺院の住職になる―それは容易なことではありませんが、一つ一つ進んでゆけば、夢はかないます。他ではとても経験することのできない、やりがいある宗教活動です。

拠点さえ定まれば、自分の得意分野を活かした布教もいろいろと試すことができます。新しい檀信徒とのご縁が広がり、ともにお念仏に励むことができるならば、これにまさる悦びはありません。

私も初めは不安でしたが、宗務庁担当者に相談し、宗門の助成金制度や貸付け金制度を利用しながらスタートを切ることができました。


ご師僧にどうご理解頂くか、など気になることもあるでしょうが、国内開教使の経験者として林海庵住職が親身にご相談にのらせて頂きます。(秘密厳守します。)もちろん宗務庁にも窓口があり、ご相談にのっていただけます。

進路に迷われている宗門僧侶の方は、ぜひ国内開教使の道をご検討下さい。

ご連絡をお待ちしております。