コラム目次へ

コラム倉庫

2003.01

 
迎 春

新たな年を迎えました。身と心を調(ととの)え、この時代、この年に何が起ころうとしているのか、また自分自身に何が起ころうとしているのか、そっと耳を傾けてみましょう。そして、自分の全てとはいかないまでも、一部分はつねに仏を念じていられるよう、願いましょう。声に出すお念仏―これが始めの一歩であり、最後の一歩でもあります。

昨年は当庵(のサイト)へ多数お越しいただき、誠に有難うございました。多くの方に見て頂ける、そして中にはご質問などを返して下さる方もある――何といいましてもこれが一番の励みになります。
現実の林海庵の方も、小さなスペースではありますが、お陰さまで当サイトと共に少しずつ成長し、電話やメールを下さる方、ご相談にみえる方、ご一緒に読経、念仏をして下さる方が増えています。

私どもは林海庵を開くときに、3つの柱をたてました。それは、

  1. 宗教性の高い寺をめざす
    心と心の出会い、敬虔な姿勢、宗教的感動、お互いの人間的な成長を大切にしたい。

  2. 敷居の低い寺をめざす
    どなたに対しても、「よくお越しくださいました」「よくご連絡をくださいました」と言える寺でありたい。

  3. ランニングコストの低い寺をめざす
    信徒の皆さまへの負担をなるべくかけないようにしたい。
というものです。1年経ってみまして、心もとない部分もありますが、引き続きこれらの理想を高く掲げて進んでいきたいと思っています。

また当サイトもお経の解説など、新しい企画を練っています。頑張って参りますので、よろしくお願いします。「こういうことをやって欲しい」というご希望がありましたら、ご遠慮なくお寄せ下さい。

新たな学び、新たな気づきのある、実り多き年でありますように。